長期出張の狙い目!博多のマンスリーマンション

ウィークリーマンションの上手な選び方
Home » ウィークリーマンションの選び方 » 長期出張の狙い目!博多のマンスリーマンション
ribbon

長期出張の狙い目!博多のマンスリーマンション

イギリスの情報誌が発表した2016年版の「住みやすい街ランキング」で、1位は東京でした。
その他、日本から選ばれたのは9位の京都を抜いて福岡が7位にランクインしています。
また、単身赴任したい街などでは全国1位に君臨する福岡ですが、中でもダントツの人気のエリアが博多です。
大企業の本社などが建ち並ぶビジネス街である博多で、度々、出張で訪れる人々から重宝がられているのがマンスリーマンションです。

大型プロジェクトなどで1ヶ月〜3ヶ月の滞在という人が多いようですが、長ければ半年〜1年の滞在になるようなケースもあるとか。
それなら賃貸マンションを借りたらいいのに、と考えてしまいますが、実はマンスリーマンションならではのメリットがあるのです。
賃貸物件を借りるとなると敷金や礼金、寝具や調理器具などの初期費用が発生しますが、マンスリーマンションならすべて不要です。
保証人なども必要なく、鞄一つですぐに生活できる便利さが好評の理由です。
博多駅周辺にはマンスリーマンションが数多く建っていて、1泊の賃料も手ごろなものがたくさんあります。

参考までに一例を挙げると、鹿児島本線博多駅から徒歩5分の物件が1ヶ月以上で1泊1700円、月額では52700円という具合です。
ウィークリーマンションでは光熱費などは別途ですが、マンスリーマンションでは水道代や電気代などがすべて含まれることが多いのもうれしい点です。
博多は交通の便が良く、アクティブに活動するには最高の拠点となるでしょう。