徹底比較!福岡のウィークリーマンションvs賃貸

ウィークリーマンションの上手な選び方
Home » ウィークリーマンションの選び方 » 徹底比較!福岡のウィークリーマンションvs賃貸
ribbon

徹底比較!福岡のウィークリーマンションvs賃貸

突然ですが、質問です。
福岡に長期出張が決まりました。
ウィークリーマンションか賃貸マンションか、あなたならどちらを選びますか?
というわけで、二つを徹底比較してみました。

まず、契約書、入居までの流れで比較すると、ウィークリーマンションは保証人も不要ですし、契約書は郵送可も多くなっています。
初期費用は銀行振り込みでOKです。
賃貸マンションはどうかというと色々と煩雑です。
不動産屋に出向いて物件を確認し、連帯保証人付きの契約書を交わして、捺印も求められます。

自炊については両社ともにキッチン設備が付いていて可能です。
ただし、ウィークリーマンションは鍋ややかん、フライ返しまで完備しているのに対し、賃貸マンションは自炊道具を買いそろえる必要がありますし、ガスや電気・水道などの契約手続きも必要になります。
ベッドかフトン、机なども揃えなければなりません。
また、一番気になる費用ですが、ウィークリーマンションは1ヶ月以上の長期で契約するとキャンペーンで割安になるところが多くあります。
必要なのは賃料+光熱費+清掃費で、その他、会費や保証金(退出時に変換)が必要です。

博多のウィークリーマンションだと安い物件では1ヶ月〜3ヶ月の利用の場合、1泊2500円として1ヶ月で77500円、それに清掃費と光熱費、管理費が1ヶ月に2万円として合計10万円弱で済みます。
賃貸マンションは敷金・礼金が必要な所が多く、前家賃と仲介手数料を加えると契約時に賃料の4ヶ月分をまとめて支払うのが普通です。
仮に賃料がワンルームで5万円だとすると20万円となり、かなりの出費です。
これに光熱費(2万円程度)がかかります。
この他、火災保険に加入しなければなりません。
総合的に比較すると、1ヶ月から3ヶ月の利用なら料金的にも利便性でもウィークリーマンションが圧倒的に便利ですが、1年近い滞在となると賃貸マンションに軍配が上がるでしょう。
用途に応じて使い分けるのが賢明です。